海辺のピクニック

 葛西臨海公園へ、ピクニックに行ってきました。

 朝起きて、まずはお弁当作りから。
 彼氏と一緒に作ろうと画策していたのに、思わぬアクシデントが。

彼氏「カミソリで指切った~! いたい~!!」
私「うわわ、ばんそうこう持ってくから待ってて」

 朝風呂に入っていた彼氏が、あやまってカミソリで指にケガ。
 これじゃあ、おにぎりも握れないし、なにより水仕事ができない。
 早くも注目の選手が棄権で、作り手が私しかいなくなってしまった。
 ど、どうしよう…。

彼氏「たえ、お弁当期待してるね」
私「わかった…」

 なるべく早めに出発したかったから、調理時間は1時間を目標に。
 まずは、時間のかからないハムサンドを作り、その間にゆでたまごを作っておいて、
 ハムサンドができあがったら次はたまごサンドに取りかかる。
 お、あんまり弁当作ったことないけど、けっこうノッてきた♪

私「みっちゃん、なんか手伝って~」
彼氏「じゃあ、おかかとチキチキボーン作る」

 台所で横に並んだ彼氏は、おにぎりで使うおかかを作って、
 彼氏大好物のチキチキボーンを油で炒める。
 その間に、私はみそおにぎりを握って、おかかのおにぎりを握って、
 炒め終わったチキチキボーンをお弁当箱に詰めて、できあがり。
 50分で調理が終わった。

彼氏「うわぁ、いっぱいできたね」
私「見なおした?」
彼氏「惚れなおした」

 そんなちょいノロケやりながら、葛西臨海公園へ。
 ハムサンド、たまごサンド、みそおにぎり、おかかおにぎり、チキチキボーンの計5品。
 おかずがチキチキボーンしかない。

 葛西臨海公園は、たくさんの家族連れとカップルとサークルでごった返していた。
 芝生に、LaLa付録でもらったホスト部のビニールシートを敷いた。
 ふたりで座って、お弁当食べながら、遊んでる子どもとか見ながらおしゃべり。
 あー、彼氏とピクニックって、なんか家族みたいだなぁ、ちょっと恥ずかしい。独りで妄想にふける。
 その間、彼氏はビニールシートでぐーすか寝てた。

 そのあと少し散歩して、家に戻ったら、ふたりとも歩き疲れて爆睡。
 ピクニック楽しかったね、で締めくくるはずが、またまた思わぬアクシデントが。

彼氏「たえ~、頭痛いよ~。今までにないくらい痛いよー」
私「ええ、大丈夫?」

 昼寝から起きた彼氏が、頭を押さえてすごく痛そうにしている。

彼氏「日射病かも…」
私「そっかぁ。薬飲んで寝てな」

 また選手が棄権したので、私が夕飯を作ることに。
 うわぁ、また料理だー、と早くも逃げ腰。
 やたら料理づいた一日でした。

神楽坂

快晴とまではいかなかったのでピクニックは中止、急遽神楽坂へ行ってきました。弁当対決も延期。

浪人した経験のある人にとって、神楽坂と聞いてまず思いつくのは理科大だろう。某予備校講師が連呼していたからかもしれないが、何故か理科大は最寄駅の飯田橋ではなく神楽坂のイメージが強い。俺だけかも。キヤンパスの名前も神楽坂なんだっけか。そんな神楽坂、田舎ものの僕たちは古臭い学生街と決めてかかりがちだが、そこは歴史のありそうな山手線のど真ん中、事はそう単純じゃぁない。ここには学生なんぞ到底入ることの出来ない(と予想される)料亭が建ち並んでいる一角がある。人一人通れるか通れないか、もしかして道じゃなくて建物と建物の単なる隙間なんじゃないか、そんな通路、いや隙間に石畳を敷き詰めた迷路のような空間があります。飯田橋に立ち寄った際には、是非このあたりの散歩をお勧めします。

どっぷり和風かと思いきや、洒落た町並みに便乗したいのだろう、仏、伊料理屋と喫茶店が乱立しているのも面白かったです。今日はクレープ食べてきましたw

帰ってきて、掃除して、休憩中。夜はまだ冷える。

研究室旅行

山登りになってしまいました・・・

仮実施権

仮実施権を中心としたH20改正が国会を通過し、新旧対照表がupされました。とりあえず一読。
分割が絡むところだけ読みにくいけど、内容は予想がつく。
「時または期間内」の部分には法律屋さんの意地を感じた。

条文レベルでも、それ以上でも、今までの実施権と比較して整理した方がよさそう。
今までの実施権の論点全てがスライドできるわけじゃないんだろーけど、
今後話題に上ってくるのはそのあたりになるんじゃないかな。
独占的仮通常実施権って文字列に違和感ありまくり。

今週末は、天気がよければピクニック。お手製弁当持参で(プレッシャー掛けとく)。

Moon river

彼氏の先輩のジャズライブを観に行ってから、ビッグバンドとか、ジャズピアノが好きになった。
彼氏の先輩はラテンジャズのピアニストで、私の職場の友人はスタンダードなジャズのピアニスト。
ジャズやってる人が周りにいると、聴く機会が増えるからか、私も挑戦してみたいと思ってしまう。

でも、コードもわからない私に即興はとても無理だし、敷居が高い!

まずはいろんな演奏を聞いてみようってことで、
ジャズのオムニバスCDから聞いてみるつもりです。


youtubeで、Moon riverの素敵なアレンジがあったので、メモ。



ティファニーで朝食を、で使われた曲なんですが、いい曲です。

4回目の25さい

apc.jpg

 4月2日は、彼氏の誕生日でした。
 就職も無事決まって、気持ちよく誕生日を迎えられました。
 今日は、誕生日プレゼントを買いに、みなとみらいに行ってきました。

私「誕生日プレゼント、何がいいさ?」
彼氏「お洋服がいいなー」

 洋服を探して、クイーンズスクエアを行ったり来たり。
 MARGARET HOWELLの厚手の青Tシャツと、A.P.C.のロゴTシャツで迷って、A.P.C.のTシャツを購入。ついでに同じとこで白のポロシャツも買って、2着プレゼントしました。

 彼氏の試着を見ていて、二の腕が出る夏服って色っぽいと思いました。(腕フェチかもしんない…)
 
 その後は、蒲田で飲み。
 北海道から、彼氏の友達のやまじ君が遊びに来ていたので、買い物の後に合流して飲んできました。
 今回で、会うのは2回目。かっこよかった印象が残っていたんですが、今回見てもやっぱりハンサムでした。でも、最近ちょっとだけメタボらしい。


 気づけば、彼氏の誕生日も、今回で4回目です。
 こうやって一緒に歳をとっていけたらと思います。

才能がない。それでも描き続ける。

illust.jpg

友人が公民館の職員で、パンフレットに載せるイラストの仕事をもらえた。
素人なのに起用してもらえて、嬉しかった。
だから、プロと見間違えるような素晴らしいイラストを描こうと思って、意気込んで描きだしたけど、作品が仕上がっていく度に自分の才能のなさを感じで、投げ出したくなっている。

小説も、絵も、小さい頃から好きで挑戦してみたけど、長続きしなかった。
原因は、途中まで書いて、書いたものを振り返って、ひどい出来だって失望して、続きを書く気力をなくしてしまったからだ。

それでも、今でも、片手間にだらだらと小説と絵を書きつづけている。

自分の才能のなさと向き合ったとき、人はどうやって乗り越えていくのだろう。
才能がないと見限って、すっぱり止めてしまったほうがいいのだろうか。
それとも、諦めずに続けていったほうがいいのだろうか。

迷いながら、今日もだらだらと小説と絵を書き続ける…。