新居の準備

土曜日はドレス選び。
父親と母親が上京して、みっちゃんも同行。
4人であーだこーだ言いながら決めてきました。
ウエディング5着、カラードレス7着を試着。
決定までに2回も日を設けました。
なかなか着る機会もないもんで、楽しかった。
みっちゃんもフロックコートを試着。

日曜日は家具選び。
どうしても無垢材の家具にしたかったので、専門店で注文しました。
木の種類はチェリー材。2~3年経つとあめ色に変わる綺麗な木材です。
納期まで3カ月かかるので、待ち遠しいです。

少しずつ準備が整ってきました。

陳さんの中華

 どうしても陳さんの中華が食べたかったので、打ち合わせ第2回の時にランチで食べに行ってきました。
 みっとがインフルエンザで自宅待機だったので、一人で突撃。

店員「いらっしゃいませ~」
私「あ、えっと、一人です」 汗

 一人でホテルのレストランに入ったのは初めてで、だいぶ挙動不審。

店員「カウンターとテーブルどちらにしますか?」
私「え、えーとー…」
店員「カウンターなら料理してるところが見られますよ?」
私「あ、じゃあ、カウンターでw」

 おのぼりさんなのバレバレで、カウンター席に座りました。
 中の料理人と目が合って、がばっと頭を下げられる。
 反射的に私もがばっと頭を下げる。
 おしぼり、ワイングラス、メニュー表を次々と店員さんがテーブルに置く。
 なんかすごっ…一人で入るのって勘違いだったんじゃ…?

店員「注文はなににしますか?」
私「あの、ランチメニューありますか?」
店員「ランチは平日限定なんですよー。休日はアラカルトで頼んでもらっています」

 ですよね、なんかサイトに平日だけって書いてあった気がしたんだけど恥ずかしい、笑
 メニュー見ると、カニあんかけチャーハン一皿1,700円!
 た、高い…!

私「あ、じゃあこのカニあんかけチャーハンで」
店員「わかりました。ランチを楽しみにして来てくださったんですよね」
私「そうですね~。でも、平日また来ます」
店員「ぜひ来てください」

 チャーハンは、後半無理やり突っ込むくらいご飯山盛りでした。
 味は美味しい。調味料控えめで、素材の味がしっかりしてました。
 ワイングラスには水入れてもらいました、笑
 いつか、陳さんの代表料理?の麻婆豆腐も食べにいきたいです。 

100313_1350~0001

さいきん飲み食いしてるもの

100220_1605~0001
友達に誘われて初めてガレットのお店に行った。
それまで、汐留で激マズのそば粉のクレープ食べてから、ガレットは苦手だなーと思っていたんだけど、
渋谷のガレットのお店はとても美味しい。
ガレットは、フランスのブルターニュ地方の郷土料理だそうです。
お店の内装もカントリーチックで可愛い。トイレの便座を木で作っちゃうようなこだわりっぷり。
千葉に行っても、ガレット出してるお店を探してみようと思う。
「渋谷松涛のガレットリア」

100227_1527~0001
セルリアンタワーの喫茶「かるめら」で食べたケーキ。
「ホテル ル ブリストル パリ」っていうホテルで、
パティシエやってるローラン・ジャナンさんのプロデュース、らしい。
全然知らんけどw
おいしかったけど、日本のパティシエのケーキのがうまい。

なんかフランス発信の食べ物ばっかり食べてるな。

家具

新居の家具選びが大詰めです。
一気に揃えるのは止めたほうがいい、というのは分かっているので、
はじめは最低限のものだけ買うつもりですが、それでもなかなか決まらず。。。

まさかの本物!?

結婚式第1回目の打合せ。
セルリアンタワー東急ホテル。

私「ねえねえ見てよ」

みっと「なに?」

私「目の前のカップル。料理の打合せかな。コックさん来てるよ」

みっと「そうだね」

私「帽子と服に『陳』って書いてある。あの人、陳さんじゃない!?」

みっと「陳って誰?」

私「料理の鉄人に出てた中華の陳さんだよう! セルリアンの中華は陳さんのお店なんだよ」

みっと「ふうん。知らない」

私「生の陳さんすごい!」


コックさん「…―わかりました。その旨、陳に伝えておきます」


みっと「ねえねえ。あのコックさん、『陳に伝えておきます』って答えてたよ」

私「えっ」

みっと「陳さんじゃないじゃん! 知ったか乙w」

私「えっw」


あとで調べてみたら、料理長の菰田欣也さんだった。
陳さん、見てみたかったw