ラテンジャズライブでスウィング

2007年07月31日
ラテンジャズのビックバンドを聴いてきました。
 みっちゃんの研究室の先輩が、彼が出場するライブのチケットをくださったので、みっちゃんと私で演奏を聴きに行ってきました。
 この先輩、なななんと、プロでジャズ奏者をするための関門であるピアノコンクールで、日本一に輝いたピアニスト王子なのだ!

 演奏が始まると、総勢20名が一気に音を吹き鳴らす。
 トランペット、ピアノ、トロンボーン、打楽器などなど、ラテンの独特のリズムに合わせてスウィングする。

 20人の半分が男性で、思いっきり音を鳴らしたり叩いたりするから、鼓膜破れそうなほど音の厚みがありました!
 気持ちいい、かっこよすぎて背筋痺れました!

 特にそのピアニスト王子の先輩がピアノの早弾きすると、手が消える! 指の動きが速すぎて目で追えませんw

 さらに、シンセサイザーは、アニメ「バッカーノ!」のOP作曲を手がけたプロの方でした。
 メンバーもレベル高いから、演奏はもっと高みへ!
 口がぽかーん、となるくらい、すばらしい演奏でしたw

 このアマチュアとは思えぬプロメンバーで構成されたビッグバンドは、CONJUNTO HIGH-ENERGY(http://hi-ena.com/)

 この興奮の勢いで、ビッグバンドの絵を描いてしまいました…。
 もっと上手くなりたいなあ。
投稿者:tae | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示