弁理士ブログ、やるよ☆

2007年09月20日
img01.jpg


 わたしは、小学生のときから漫画家や小説家になりたかった。
 今思い返せば、本気で喰いついていくほどなりたかったというよりは、自分が漫画や小説を書くことが好きだったから、将来仕事にできたら楽しいかもしれない、という漠然とした気持ちから、なりたい職業だと決めつけていたのかもしれない。

 小中高校時代は、友人と交換漫画やリレー小説をやって、身内だけで楽しんでいた。それで自分は楽しかったし、漫画や小説の修行をしている気にもなっていた。
 でも、実際は自分のオリジナルで賞に出すこともなかったから、漫画家や小説家になりたいという気持ちはあったものの、何も実行に移していなかったのと同じだったのかもしれない。

 そんな私の転機は、大学4年のとき。
 また恋人の話になってしまうけど、偶然知り合った今の彼氏が、これまた偶然にも弁理士を目指していて、そして学生起業家と繋がりがあった。
 わたしは、この特殊な要素を使わない手はないと思った。
 漫画や小説は、オリジナルで真っ向から勝負しても勝ち目は薄い。
 だから、漫画や小説に、弁理士受験、学生起業、といったちょっと特殊な色をつけて、成功に繋げようと考えた。
 
 それから、弁理士に関する漫画を出そうと決めて、お話を聞いてくださった編集者さん方のお力を借りながら、出版社や省庁に持ち込んだりしてみたんだけど、うまくいかなかった。
 原因は、まずはわたし自身の画力や構成力不足にあると思う。あとは、弁理士業界の需要が低いことだった。
 わたしは、漫画や小説を成功させることを甘く見ていたんだ、と途方に暮れた。

 それから、就職が決まって、ちょっとばかし上記の大学4年の失敗で漫画や小説への気持ちが失速していたこともあって、ここしばらくは書くことを止めていた。
 でも、最近は仕事をしては家へ帰って休むだけの毎日、なんだかあまり楽しくない。このまま人生終わってなるものか、と思い立って、もう一度、弁理士漫画に挑戦してみようと決めた。もう完全な見切り発車です。

 長々と書いてしまいましたが、言いたかったことは、新しい戦法として、弁理士ブログの立ち上げを計画してるよ、って感じです。
 彼氏が弁理士受験論法の記事を書いて、わたしが弁理士漫画の記事を描いて更新していく予定です。
 画像はブログの企画案で、ブログだけど見た目はサイトっぽく見えるようにデザインしました。
 これで、再度勝負をかけます。

 前みたいに闘志メラメラの感じではなくて、毎日楽しくしたいから、何かに挑戦してみようっと、という軽い気持ちではじめてみます。
投稿者:tae | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示