久々に、一人の週末

お嬢様は友達の結婚式に出席する関係で帰省。
バイトと勉強だけってのも味気ないので、一人で遊んでみようと思う。さくっと遊ぶ男友達が思い浮かばないあたり、彼女偏重の生活の弊害である。好きでやっているので気にしないことにする。

一人でできる娯楽のなかで、一番お手軽なのは今いじっているこの機械だろう。ゲームもネットもDVDもできる。DVDに至ってはさらに一人でできる娯楽が連鎖的に増える。軽く汗をかく。

もちろん外出してもいい。最近、食べること自体が好きになった。俺にとって人生の中であまり無かった感覚で、食べることが好きな人はお金がかかるのだなぁと実感している。

ゲーセンって奴はほとんど行かない。家庭用ゲームと共にすごした幼少期が、ゲーセンから俺を遠ざけている気がする。ゲームといえば家庭用ゲームだろう。単にお金が勿体無いと考えている気もする。

買い物もある。ただ、今欲しいものがあまり無い。デジカメが欲しいといったら私のが有るから要らないと言われてしまったのだ。そうそう、一つ欲しいものを思い出した。最近、学生実験の準備で上皿天秤を用意した際、上皿天秤に何故か一目ぼれしてしまった。愛らしい奴め。

色々考えてみたが、やっぱり勉強しているのが有意義な気がしてきた。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する