22:29:45
27

就職活動

最近は恋人の就職活動が始まって、会社の話をすることが多くなった。

○○社に勤めることになったら、地方で一生を暮らさないといけない、とか。
××社に勤めることになったら、出張で何年か海外で暮らさないといけない、とか。
今の恋人とずっと一緒にいるなら、私にとって、恋人が入る会社の条件は、私のライフスタイルをすっかり変えるものになる。

地方で暮らすのだったら、手当てなどを加味すると、きっと私は仕事を続けなくてもいい、のかもしれない。
この場合、恋人はお金を稼ぐ、私は家事をする、と完全に二分される。
もしもこのケースになったら、おそらく恋人には絶対服従で、たとえば子供の教育方針とか、なにか決めないとならないことがあった場合は、恋人の意見に従わないとならない。そういう空気になる気がする。

出張で何年か海外で暮らすのだったら、それこそ私に仕事ができるわけもないから、語学学校に通って日本に帰ってきたときのスキルにする、のが一番なのかもしれない。
もしもこのケースになったら、恋人の会社が決まって、海外出張の可能性が出てきたあたりから、先に日本で語学塾?に通い出す。日本に帰ってきたら、習得した語学を生かして再就職、できたらいいなと思う。

ただ思うのは、私の人生は、恋人の収入に依存してしまうのだな、ということだ。
他人の人生を背負うなんて、きっとすごく重い。
そう聞いたら、別に? と答えられた。ちょっと拍子抜けした。

恋人が就職活動中で、自分の人生が恋人の肩にかかっている緊張を感じている。

…と、ちょっと重たく書いてみました。
本人、下記↓で「わーい」とか言ってるけどなw
大丈夫かな、ほんとにw

2 Comments

はや  

久々(^^)

たえの言う「他人の人生を背負のは重い」は本当にその通りだと思うよ!

過重な負担を掛けると一人ではなくて、二人ともが耐えられなくなってしまうから気をつけてねi-228

2007/11/29 (Thu) 01:18 | EDIT | REPLY |   

たえ  

お久♪

コメントありがと☆
恋人に負担をかけないように、この先私に与えられた役割は、しっかりこなしていきたいと思ってるよ♪
仕事を続けることになったら仕事を、主婦になることになったら家事をね。
でも、私は家事が好きじゃないから、なるべく仕事がいいな(笑)

2007/12/01 (Sat) 09:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment