21:47:24
16

修了の目処

修士論文提出と、発表を無事終えました。
無事に、と簡単に言ってみたものの
無事に卒業、修了、就職することは実に難しいことだと再認識しました。
特別運が悪くなければ、そうでもないのだろうけど。
文面はともかく結果だけは良かったので、教授も笑顔でしたよ。


「一月後のあなたは、笑っているかもしれません。泣いているかもしれません。
一月後に泣いているあなたを助けられるのは、今のあなただけなのです」

これは浪人生だった頃通っていた予備校講師の台詞で、結構気に入っていた。
ただ、世の中には、どうにもならないことってのもまた沢山有るのだと真に理解したのは、
俺がのんきだったからなのか、なんなのか、分からないけど、割と遅かったのかもしれない。

ただ生きて祈るしかできないのなら、生きて、祈ることにします。


土曜日に吉祥寺まで出かけてきました。
病棟の窓から見えた楽しそうな人たちの仲間入りは、想像していたほどには難しくないのだね。

0 Comments

Add your comment