スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

先生と呼ばれるのにふさわしい仕事

2009年04月06日
今日のYahooトップに、目をそらしたくなる記事が載っていました。

『司法書士、広告急増、苦情も』
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000012-mai-soci)

債務整理がビジネス化している昨今です。
電車広告、新聞広告、ポスティング…、いろんな手段で、これでもかってくらい広告を打ちまくります。

この不景気だから、案件はうなぎ登りです。
また、数が増えたと同時に、住宅ローンや相続などが絡む複雑な案件も増えてきています。
そのため解決までに結構な時間がかかってしまい、その割に案件はどんどん増えていきます(汗)
今がバブル期なのかもしれません。

平日はがっつり残業、さらに休日出勤して仕事をしても、まだまだ追いつきません。
ちょっとしんどいです。

でも、数が増えているからといって、手を抜いた適当な仕事をするのは許せません。
受任してから依頼者を半年以上放置したり、解決して報酬をもらったら知らんふりで依頼者の生活改善のフォローがなかったりと、ひどい事務所はたくさんあります。
今回のニュースでは司法書士が叩かれていますが、弁護士だって同じです。

債務整理を単なるビジネスと見て、お金儲けだけするのは、士業としての誇りとか意識とかないのかなぁと思ってしまいます。
事務所も民間ですから、ビジネス化して稼いでいかないと潰れてしまいます。
だから必死になって数をこなそうとしてしまうのだと思います。うちだってそうです。
だからこそ、みっとの恩師の先生の台詞ですが、信頼して頼ってきてくれた依頼者に対し、
「先生と呼ばれるのにふさわしい仕事」
をしたいですね。
わたしは事務員だから、そんな先生を支えるサポートを目指したいです。

不景気ですが、倫理観を忘れずに仕事したいですね。


でも、もうちょっと仕事減らしてほしいでっす(笑)
投稿者:tae | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。