心配ないさー!

2009年12月31日
 29日は、上京してきた母親と一緒に「ライオンキング」を鑑賞してきました。
 劇団四季のデビュー戦です。

たえ「開場前は、会場にも入れなんだね」
母親「そうだね。喫茶店でお昼食べて待ってようか」

 劇団四季の会場は、開場前は中にも入れないようになってました。
 会場横の喫茶店で、カフェオレとサンドイッチを食べながら待つ。
 そして、いよいよ開場。
 座席は、前から四列目だからステージにめっちゃ近い。

母親「下にオーケストラいるよ」
たえ「あ、ほんとだ。指揮者の楽譜、使い込まれてボロボロだ…」

 ステージの下の洞穴みたいなところに、オーケストラが集まっていた。
 ひとつの楽器につき、演奏者一人程度。
 宝塚やバレエのオケに比べると、かなり小規模。
 ミュージカルの歌を重視するために、楽器は控えめなのかな。

 そして、公演開始。
 客席の横を像やハイエナが駆け抜けて行ったり、頭上を鳥が飛んでいたり、大迫力!
 泣けるシーンもあり、笑えるシーンもあり、面白かったです。
 何度でも行きたい、って思える公演でした。

 ミュージカルにはまりそうですw 
投稿者:tae | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示