23:08:55
11

道端で偶然弁理士先生と遭遇!

 今日は面白い出会いがありました。

 会社のお昼休み。
 会社の近くにある小さな居酒屋(常連しかいないような)に昼食を食べに行ったら、隣の席に何やら難しい話をしている20代後半くらいの男性客二人がいました。

男性客A「いやだから、その世界は特許の件数が伸びないから…」
男性客B「もっとコストをかけないと駄目ですよねー」

 雑談なのか、ニヤニヤしながらも、話している内容は全部特許の話。
 一般のサラリーマンだと仮定しても、こんなに特許の話ばっかするかな。
 そういえば、この近くに特許事務所が二つあった。
 もしかして、この人たちは…!

 男性客二人は、冴えないユニクロフリースみたいな私服を着ていて、ますます私の確信を誘った。

 その時は、そのままスルーで終わるかと思っていたけれど、会計の時に男性客が私の近くで立ち止まっていたので、思い切って聞いてみた。

私「もしかして、特許事務所の方ですか?」(今思うと超不審者)
男性客A「え? そうですけどw」
 男性客A、私に興味を持ってくれたのか、笑顔で返してくれた。

私「私、知り合いに弁理士がいるもので、ちょっとお二人のお話を興味深く聞かせていただきましたw」
 笑いながら話していると、会計をしていた男性客Bも話に入ってくれた。

男性客B「そりゃまずかったなー(笑)」
私「お二人は、先生でいらっしゃいますか?」
男性客A「そうです」
男性客B「こんな身なりだけどね~w」
 そう言って、ユニクロのフリースを指差す弁理士先生。
 いやほんと、その格好でこそ先生だとわかります。

 その後、僕たちはどこどこの特許事務所にいるよ~、だとか、またここで会ったら話しましょう~、だとか、ものの3分くらいだったけど楽しくお話してくれました。

 いやいや、思い切って話し掛けてよかった。
 素敵な出会いでした。
 また余計なことして、と相方に怒られそうですがw
 で、最後に。

私「○○○○(相方の名前)って知ってますか? 去年受かったんですけど」
男性客A&B「うーん??」

 知名度なかった…w

0 Comments

Add your comment